臨時営業・アホの壁

0
    当ブログは毎月4日・14日・24日にお休みを戴いておりますが、本日は臨時営業で御座います。
    読んだ本の事どんどん書いていかないと内容忘れちゃいそうで…。
    それでこの本。

    アホの壁
    筒井康隆著
    新潮新書


    バカの壁ならぬアホの壁。これが何とも面白い。半日で読んじゃった。
    筒井先生ならではの正論と暴論の絶妙なブレンド。事故多発者、ペンは剣よりの曲解、品格の大増殖、世の中はアホに溢れている。
    二匹目の泥鰌は大きいかどうかも楽しみです。皆さん是非読みましょう。


    たったひとつの冴えたやりかた

    0

      たったひとつの冴えたやりかた
      ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア著
      浅倉久志訳
      ハヤカワ文庫SF


      何年かぶりに読み直してみました。八王子に向かう電車の中と楽屋で一気に。
      三つのお話があってやっぱり一つ目のお話が好きなんですが、自分がそのたったひとつの冴えたやりかたを選べるのかどうか考えるとなんだかどうも冴えない方向に行ってしまうんじゃないかなと昔読んだ時にも思ったのを思い出しました。自分が男だからでしょうか。だからレイブンの気持ちはまあ良く解る、うーん昔なら解ったって感じかな。読後感は重たいけれど胃もたれはしない。酔っぱらうけど悪酔いは絶対にしない。たったひとつの冴えたお話です。


      真鶴

      0

        真鶴
        川上弘美著
        文春文庫


        最近ジャケ買いで読んだ本です。
        この本とは全く関係ないんですが、もう10年以上前に真鶴のお祭りで演奏する機会がありました。その時出番まで崖伝いに走る海沿いの道の脇にある食堂に待機しておりました。食堂の窓からは真下に波が打ち寄せるちょっとした岩場が見えたのですがそこに男性が一人おりました。釣りでもしているのかと思うとどうも倒れている様に思えて来ました。店の人に話してみると何かあまり驚いた様子もなくわかりましたと応えただけです。それからまた岩場に倒れている男性を見ていると足がもう波に濡れている感じでした。ちょっとでも大きな波が来たらあの男性はすうっと海に引き摺り込まれてしまうかも知れない。それでもすぐに席を立って助けに行くでもなく変にやきもきした気持ちで眺めておりましたところ、随分と時間が経った後に何人かの人がその男性を助け起こして岩場を去りました。
        この本を読んでそんな事を思い出しました。


        時の声

        0

          時の声
          J・G・バラード著
          吉田誠一訳
          創元SF文庫


          今年に入ってから読み直していました。
          行き止まりとか滅亡とかの話が多いですが、大仰なジ・エンドではなくて、何か子供の頃一人で留守番をしていた午後がやたらに現実感がなくて世界はもう動かなくなってしまうのではと漠然と考えた事を思い出させてくれます。
          それにしても字が小さいなー(笑)この本。


          イカの本、その5

          0

            まだまだありますイカの本。

            プルーストとイカ
            読書は脳をどのように変えるのか?
            メアリアン・ウルフ著
            インターシフト


            この本は、人間が「文字を読む」って事の凄さや素晴らしさを教えてくれます。そしてディスレクシア。レオナルドダヴィンチもそうなの?
            難解ではありませんが、読み応えはたっぷりあります。斜め読みでも一ヶ月半かかりました。とても面白かったです。


            浅倉久志さん

            0
              SF小説などの翻訳を数多く手がけられた浅倉久志さんが、14日にお亡くなりになりました。
              大変にお世話になりました。御冥福をお祈り致します。

              『世界の中心で愛を叫んだけもの』
              『宇宙船ビーグル号』
              『たったひとつの冴えたやりかた』
              『いさましいちびのトースター』
              読み直します。

              イカの本、その4

              0

                イカの本、まだありますよ。

                スルメを見てイカがわかるか!
                養老孟司・茂木健一郎著
                角川oneテーマ21

                イカの事はわかりません。というかイカをわかるための本ではありません。斜め読み専門の私にとってこの本は、読み終えてなるほどーと思うよりは様々な叡智の断面を垣間見てなるほどなるほどと思う本です。「手入れ」「ダーウィニズム」なるほどなるほど、です。


                イカの本、その3

                0

                  人類史をくつがえす奇跡の石
                  イカ線刻石の真実
                  ハヴィエル・カブレラ・ダルケア著
                  徳間書店

                  「イカ線刻石」とはなんぞや?
                  ネットでイカを検索したらヒットした本です。
                  そのイカ線刻石のイカですが、イカ釣りのイカではなくて、ペルーの地名のイカです。読んで始めて知りました、
                  それでさらに内容ですが、太古の昔人類は恐竜とも共存していた等々、ほとんどラヴクラフトの小説。凄いです。
                  是非とも読んでとは申せませんが、図書館とかで見つけたら手にとってみて下さい。


                  イカの本、その2

                  0

                    イカはしゃべるし、空も飛ぶ<新装版>
                    奥谷喬司著
                    ブルーバックス

                    墨から墨まで、じゃなく隅から隅までイカの話がぎっしり。
                    日本ではイカと云う言葉が「食べ物」そのものを指すものであったとか。
                    現在でもまだまだ謎の部分が残されているイカ。
                    食料資源としてだけではなく様々な利用が見込まれているイカ。
                    イカの未来は人類の未来にも繋がっている。
                    この本を読むとイカ博士になれます。


                    イカの本、その1

                    0

                      2009年は色々なイカの本に巡り逢いました。
                      中でも印象的だったのはこの本でした。

                      イカの哲学
                      中沢新一・波多野一郎著
                      集英社新書

                      哲学の本です。でも決して難しい本ではありません。
                      イカから平和を考えます。興味のある方は是非。





                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM