2009年横浜ベイスターズキャンプレポート

0

    本当に大したレポートでは御座いません…

    2009年2月23日、沖縄での2日目は宜野湾の横浜ベイスターズキャンプに参りました。到着するなり三浦選手とばったり顔合わせ。私を見て『何しに来てるんだこの人』的な表情がありありでした(苦笑)。
    こちらはさすがに関係者扱いであちこちに出入りさせて戴きました。本当にありがとうございました→球団の皆様。
    室内練習場では野村ピッチングコーチ、再び三浦選手ともご挨拶させて戴き、移動中には大矢監督、メイン球場では駒田バッティングコーチとご挨拶、って私は本当に何様なんだと云う感じですね。


    そして大矢監督とのツーショット。何か当たり前みたいにやってますが、もう緊張で心臓バクバクなんですよ。
    メイン球場でのバッティング練習時に、監督が直々に私のところに来て下さって、
    『よろしければもっと間近で練習をご覧になりませんか』
    と声をかけて下さって、バッティングケージの真後ろに監督と並んで見学をさせて戴くと云う栄誉にあずかりました。私、野球関係者ではないんです。ただのベイスターズファンの音楽屋なんです。それなのに、ああそれなのにそれなのに。本当に何様なんだって思われますよね。本当にすみません。


    その後は監督の重ねてのご厚意で、選手の食堂でお昼ご飯まで頂戴してしまいました。メインは沖縄野菜そば。俵おにぎりは二つで、一つはスパムと玉子焼き、一つは天むす(中の天ぷらが甘辛くぐっずぐずに煮てあってめっちゃジャンキー)で御座いました。あと駅弁に付いてくるお茶の容器みたいなやつの中身は、豆乳にブルーベリーをごっそりぶち込んである甘〜いスタミナドリンクです。
    練習スケジュールの中、選手の昼食時間は30分だけです。手軽に食べられて栄養価の高いメニューであるのを体感させて戴きました。大矢監督、ありがとうございました。


    こちらは巨人等で活躍されて現在ベイスターズのチームサポーターをされております入来祐作さんとツーショット。気さくにお話をさせて戴き、これまた光栄で御座いました。

    まあそれで結局お前は沖縄まで行って挨拶と食事しただけじゃんって思われましょうが、写真を撮ったのがこれだけであって、ちゃんと練習を見て参りました。
    新外国人のジョンソン選手、バッティングは日本の野球に対応出来そうです。仁志選手、金城選手のバッティングも調子良さそうでした。ピッチャーでは山北投手に注目しました。まあ素人の私が見て思っただけです。参考にはなさらないで下さい。
    練習の最後に、ルーキー細山田捕手のキャッチングを大矢監督が直々に指導するのを間近で見ました。私には温厚に接してくれた監督が、鬼になっていらっしゃいました。見ていてこちらも背筋がビシッと伸びる感じが致しました。


    沖縄まで行ってベイスターズキャンプを見た感想。

    俺はやっぱり

    ベイスターズが好きだ

    当たり前みたいに思われましょうが、この気持ちは強い、今までで一番強いものです。
    弱くてもいいなんて思いません。強くて個性的で楽しいベイスターズであって欲しい。そんな事を思った沖縄宜野湾キャンプで御座いました。






    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM