クォーク 第2版

0

    クォーク 第2版

    素粒子物理はどこまで進んできたか
    南部陽一郎著
    ブルーバックス

    消えた反物質』を書かれた小林誠先生と同じく2008年にノーベル賞を受賞された南部陽一郎先生の著書です。
    第1版にあたる『クォーク 素粒子物理の最前線』は1981年に発行されています。この第2版は1998年の発行。ベイスターズ優勝の年ですね。ああ。
    今私の読書ペースが大幅に落ちているのはこの本が常に鞄の中に入っているからです。日本語で、それもかなり平易な文章で書かれているのに、意味が判らない。何度も読み直しているので、ああきっとこう云う事を説明されているのだろうと大雑把には判っていても、完全な理解は遙か彼方にあるようなないような、そんな感じです。じゃあ判らないなら止めればいいじゃんと思われるでしょうが、この本は本当に面白いんです。『消えた反物質』もそうなんですが、読んでいてワクワクするんですよ。人間の思考思索はここまできているのかと感動するんですよ。物事の最小単位は何なのか。どうすればそれを説明できるのか。そしてどうすればそれを検証できるのか。挑戦は果てしなく続きます。私も挑戦したいと思います。何度も何十回も何百回も読んでみようと思います。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM