消えた反物質

0

    消えた反物質
    素粒子物理学が解く宇宙進化の謎
    小林誠著
    ブルーバックス


    昨日の本よりもこちらを先に読んでおりました。
    著者は2008年ノーベル物理学賞受賞の小林誠先生。ノーベル賞を受賞した人がどんな事を書いているのか、読んでみたかったのでありました。
    テーマは「CP対称性の破れ」なんです。この世の中、この宇宙はどうして物質で出来ているのかと云う事なんです。最近難しい本ばかり斜め読にしているせいか、本人もびっくりなんですが、ちょっとだけ何の事だか判るような気がするんですよ。激辛の食べ物を食べていると、なんとなく対峙の仕方が判ってくるのと同じ感じです(違うか)。ディテールはちんぷんかんぷんなんですけど、ものすごく大雑把に納得しているんです。この本、凄く面白いんですよ。実はもう3回読み直していたりします。難しいけれど「CP対称性の破れ」に興味を持った人に、丁寧に教えてくれている本なんです。素晴らしい本だと思います。
    何回も何回も何十回も何百回も読んだら「おおー理解できた!」なんて事は起きないかしらん。起きるかもしれないからまた読んでみます。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM