無頼漢担々麺

0
    辛いものが食べたくなる事があります。それもかなり辛いやつ。
    世の中に辛いもの色々ある中で私が今ハマっているのは担々麺。
    良く参りますのは目黒の『蒼龍唐玉堂』です。
    ここのお店では色々な担々麺を食べさせてくれます。

    中でもよく食べるのがこの漢(おとこ)肉担々麺。見るからに辛そうですし実際かなーり辛いのですが、スープにしっかりとしたコクがあって大変に美味しいです。挽肉に薄切り肉の炒めとバラ肉の塊も入っていて肉天国。大満足の一杯です。



    他に紅担々麺、黒胡麻担々麺、白胡麻担々麺を食べてみました。どれも美味しかったです。
    さて改めてメニューを見ると担々麺以外にも餃子や鶏の唐揚げ(これも美味しい)や辛くない麺も色々あってバラエティー豊富なんですが、その筆頭にありますのが

    日本一のしびれる辛さ
    無頼漢担々麺

    (ぶらいかんたんたんめん)

    と云うもので御座います。このお店を訪れる度に気になって気になっていましたが、先日遂に頼んでみました。お店の方に「ものすごく辛いですけど大丈夫ですか?」と訊かれます。私は辛いのはかなり平気な方なので「大丈夫です」と応えます。そして出て参りましたのがこちら。

    瞠目致しました。想像以上のビジュアルで御座います。
    最上部に見えますのは挽肉と大量の唐辛子とクラッシュドピーナッツ。とにかく唐辛子オンパレード。恐る恐るスープを一口啜ってみますと唐辛子の辛さだけでなく山椒の痺れも容赦なく押し寄せます。麺にもスープがバッチリ絡んで逃げ場はありません。口の中はカーッと来るのとビリビリビリーと痺れるのとでヘヴィーメタル状態なんですが、気持ち的には逆に穏やかに沈静化の方向に向かいます。私はどこかおかしいのでしょうか。
    あと注意点としては食べながら呼吸に気をつけていないと物凄くむせます。一度むせてしまうとダメージ大。喉とか鼻とか痛いです。
    辛いだけだったらもっと金属的劇薬的に辛い食べ物は他にあります。でもそう云うのはもう美味しく食べられるレベルのものでない場合が多いです。この無頼漢担々麺は美味しく食べられて物凄く辛いもののピーク、ある意味で世界の涯の食べ物かと存じます。
    この辛さに身も心も委ねておりますと、辛さ自体が豊かな風味を持っている事に気が付きます。イージーではありませんでしたが無事完食。さすがに唐辛子は食べられません。

    どれだけ唐辛子が入っていたかとくとご覧あれ。何かをやり遂げたと云う達成感めいたものを感じます。これはクセになりますよ。軽くガッツポーズにて御馳走様でした。

    蒼龍唐玉堂
    東京都目黒区目黒1-5-19 目黒第一ビル1F
    11:00〜翌3:30 土日11:00〜21:30
    無休



    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM